月齢1と水星

夕暮れの西天には木星と土星に代わり、水星が見頃を迎えつつあります。   太陽の近傍を巡っている水星は観るのが難しい惑星ですが、新月を過ぎたばかりの月が接近。目印となってくれました。   【日没28分後 […]

得も言われぬ心安さ・・・ 釜炒り製さやまみどり

寒い日が続くと思いをはせる古の狭山品種・・・ 蒸し製では冬の季節商品『炭火入れ狭山茶』で活躍中の「さやまみどり」です。   【火入れ工程】 蒸し製の場合は炭火で火入れを施すほど・・・ 萎凋香があるにも関わらず […]

年末・年始の木星と土星

年末 日没後の西天を賑わした二大惑星の接近、年明けの状況を追いました。   惑星と名付けられるだけあって、動きが素早い星だと実感しています。   【日没後の西天】撮影:令和3年1月1日 17:57、  […]

『霞野』用萎凋香「やぶきた」の火入れ

年内、最後の火入れ作業は萎凋香のやぶきた種・・・ 『霞野』にとって、今年は画期的な一年・・・   シンガーソングライター宮本浩次さんのツアーグッズに取り上げられ、萎凋香煎茶『霞野』にスポットが当てられました。 […]

琥白Platinum 用火入れ

野木園 手摘み微醗酵茶の火入れ作業・・・    今年最後の微醗酵茶火入れです。   【ふくみどり火入れ工程】 『琥白Platinum 』・・・ シングルオリジンティーの『紫にほふ』に対し、こちらは合組 […]

常滑焼の個展

常滑の作家 伊藤雅風展「茶を奏でる急須」が 開催されました。   会場の ギャラリー うつわノートへは、久し振りの訪問です。   【フライヤー】 古い洋館の落ち着いた風情の玄関ドアに掲示されていました […]

月とベツレヘムの星

月・木星・土星のランデブーというゴージャスな天体ショーが観られました。   イエス・キリストが誕生したとき、東方の三博士を導いたとされる「ベツレヘムの星」は木星と土星の接近によるものという説があります。 &nb […]

シングルオリジン むさしかおり

日本茶の世界では、シングルオリジンティー がすっかり定着してきました。   さやまみどり、ふくみどり、ゆめわかば、 むさしかおり・・・ 萎凋香に特化したシングルオリジンティー達・・・   【むさしかお […]

明けの明星と月のランデブー

冬の東天で金星と月が大接近・・・      決して珍しいショーではないのですが、何といっても 夜空で明るさNo1 とNo2 の天体同士ですから!   【雲間の月と金星】撮影:令和2年12月13日 6: […]

冬到来の茶園

今朝の気温は氷点下? 茶園に冬が到来しました。   今年は木枯らしの日もなく、過ごしやすい師走です。   【野木園ふくみどり】 午前7時の手摘み専用茶園の様子。雲も風もなく、久し振りに冷え込んだ朝でし […]