秋新茶用「ふくみどり」

季節商品 Part.2 は萎凋香煎茶「秋新茶」には「やぶきた」と「ふくみどり」の萎凋香を使用しています。主体は萎凋香「やぶきた」ながら「ふくみどり」の萎凋香により香味に奥行き生まれます。様々な萎凋香品種が育まれている茶産地狭山ならでは「合組」です。

釜炒り製 おくむさし

令和4年度産『琥白 Patinum おくむさし』の再製を行いました   本来は夏過ぎ頃まで熟成させたいところですが、前年度産のストックが底をつきました   【おくむさし生茶葉】 軸が短く、茶葉が厚い・ […]

新芽

昨年度より一週間遅れだそうですが・・・     小さいながらも愛らしい芽が育ってきました   【ゆめわかば】 毎年 早めに新芽を支度するこの品種、親葉同様 新芽も緑色が鮮やかです &nbsp […]

今年の耐寒色

春彼岸を前に寒さも一段落・・・   暖冬だった昨年に比べ、氷点下の朝が多い冬でした   【やぶきた耐寒色】 「やぶきた」には明らかな耐寒色が発生しています。「ふくみどり」等、狭山煎茶用品種には見られな […]

積雪あり

今朝は積もっていました これだけ短期間に雪日が続くのはめずらしい・・・   【根通り茶園】 入間市茶業公園から 新久~根岸地区の眺め。標高180m の台地ゆえ、さすがに積もっていました。普段は見慣れた風景ながら […]

積雪ゼロ

今年二度目の雪予報はかなりの積雪アナウンス・・・  夜明け直後に振り始めた雨は雪混じり・・・   【やぶきた野木園】 みぞれから午後には雨となり、翌朝の茶園は朝もやに覆われていました。   &nbsp […]

雪の茶園

まさに天気予報通りの初雪でした。気温は氷点下2度。茶葉に乗った雪は全く融けておらず、茶畑の冷え込みを感じさせます。真冬の雪は茶園には充分なメリットがあります。

霜の朝

寒波襲来、早朝 真っ白な茶園が出現しました   充分なお湿り、暖かな日々と長い紅葉の時季、そして木枯らし一号の発表もない穏やかな秋でしたが・・・   【やぶきた園】 茶畝の所々には、紅葉の名残りがみら […]

手摘み微醗酵茶「ゆめわかば」

ひょっとして 今年は「当たり年」なのでしょうか?   作柄良好な「ゆめわかば」ですが、日本茶喫茶を営んでいるお客様から まとまったリピートをいただきました   【仕上げ】 「ゆめわかば」は萎凋香が分か […]

夏の茶園

雨続きながら 備前屋管理の野木園は夏過ごし良好です。     お盆休みをはさみ、一週間ほど不純な天候が続いておりました。   【白髭 野木園】 雨続きで猛暑が抑えられ 茶園は実に良い状況・・ […]