ジャパン・ティー・フェスティバル 2018

『ジャパンティーフェスティバル』が開催、二日間1,700名もの来場者で賑わいました。   前回までは紅茶の祭典でしたが、全ての茶種を対象にリニューアル。装い新たなイベントになりました。   【備前屋ブ […]

琥白「ふくみどり」~ Japan Tea Festivalに向けて part3

Single Origin 琥白「ふくみどり」を用意しました。 微醗酵茶『琥白』は5品種、仕上品5~10種類の合組にて製造しています。今イベントでは「むさしかおり」同様、単品物を出展します。   【再製工程】 […]

お茶祭り品評会 審査会

「彩の国さいたま第64回お茶まつり品評会」の審査会が開催されました。 埼玉県茶業協会主催の品評会で品目は普通煎茶と手もみ茶の2部門からなります。   【外観審査】 出品点数は普通煎茶61点、手もみ茶19点でした […]

「在来種」の再製

「やぶきた」が誕生し、茶園の品種化が始まってから約100年。狭山にもまだ在来種が残されています。 卸先から要請があり、在来種の再製を行いました。 【在来種 荒茶】 「在来」には品種物の実生と「ビンカ種」と呼ばれる本在来種 […]

フレシュ グリーン ティー コンペティション 2018 

「良く蒸した・・・」がキーワードの埼玉県茶業青年団による品評会の審査会が開催されました。 狭山茶商工業組合の役員として審査員を仰せつかっております。   【外観審査】 正式名称は “Fresh Green Te […]

ミネラルウォーターの審査 part2

『ジャパン・ティー・フェスティバル2018』 使用水 第2回目の審査を行いました。 前回審査した6種類の内、好評を得た3点を選出。蓋碗・急須を用い「決勝リーグ」の開幕です。   【選出3銘柄】 左より 名  称 […]

ミネラルウォーターの審査

『ジャパン・ティー・フェスティバル2018』 事務局より「天然水」のサンプルが届きました。 この中から当日使用する水とテイスティングラリー出品茶を選ぶのが趣旨です。   【名水6種類】 左より 名  称     […]

新・旧 朝日焼

最新の朝日焼宝瓶と先代が使用していたものとを比べてみました。 現在の御当主は「十六世 松林豊斎」。先代が入手したのは40年以上も昔のこと。十五世 あるいは十四世の制作かもしれません。   【新旧の比較】 左が先 […]