サン・ラザ-ル駅

初めての場所なのに、なんとなく記憶にあるような・・・

 

 

そこは昔観た 映画のラストシーンの舞台でした。

 

【ターミナルステーション】

複数の線路が駅に引き込まれて行く 典型的な終着駅。空港からの車を降りたとき最初に目に入ってきたこの風景が記憶を呼び覚まします。初めて訪れる土地なのに・・・ デジャブ?

 

 

【サン・ラザ-ル駅プラットホ-ム】

朝の通勤時だけあって乗降客で賑わいます。車両のカラフルなこと!

 

 

【コンコース】

パリ中心街の北に位置するターミナル駅で地下鉄とのアクセスもあり、さすがの人混みです。

 

 

【ショップ】

コンコースは3階建てになっており街中さながらの店舗数をほこります。化粧品店が目につきました。

 

 

【駅ピアノ】

誰でも自由に弾けるピアノがありました。結構活用されているようです。

 

 

【「男と女 」撮影現場】

十代で観たフランス映画「男と女」~ フランシス・レイによるテーマが流れる中、プラットホ-ムで抱き合う恋人同士をカメラが回りながら撮影する・・・ テーマソングが止んだ瞬間、静止画になり恋人のアップが映し出されるエンディング ~ 忘れられない個性的なラストシーンでした。撮影に使われたのはどのプラットホ-ムだったのでしょうか?

 

 

狭山茶専門店 備前屋 清水敬一郎