部分日食

久し振りに国内で日食がありました。

大阪の友人から曇天で観られずとの連絡があったものの、さすがに冬の晴天率日本一の埼玉です。

 

【撮影風景】

年間を通じ太陽高度が最も低い季節・・・ 建物のヒサシにも強い北風にも邪魔されることなく 二階の自室から観測できました。

 

【部分日食】‎撮影:‎2019年‎1‎月6‎日 8:58   5cm屈折望遠鏡(fl.₌400mm)

これが最初の撮影。すでに欠け始めているではないですか・・・ 久し振りの休日で寝過ごしました。薄雲を通しての部分食も結構な風情。

 

【部分日食 Part2】‎撮影:‎2019‎年‎1‎月6‎日 10:06   5cm屈折望遠鏡(fl.≒2000mm)

東京での最大食分42%。一番大きく欠けている時間帯です。雲も切れ 好条件でした。

 

【部分日食 Part3】‎撮影:‎2019‎年‎1‎月6‎日 11:21   5cm屈折望遠鏡(fl.≒2000mm)

終了まであと15分ほど。肉眼では確認できない雲の切れ目をぬっての撮影・・・ この後は薄雲に覆われ午後は一時曇天となる一日・・・ 天候の推移に恵まれた日食観測でした。

 

狭山茶専門店 備前屋 清水敬一郎