1.手摘み茶
【野木園の手摘み】

備前屋では優れた萎凋香原葉確保のため、手摘み専用茶園の野木園(自然仕立て茶園)を経営しています。「やぶきた」に加え、「ふくみどり」「ゆめわかば」「みなみさやか」「おくむさし」等、希少品種の栽培により、バラエティーに富む萎凋香を追求しています。

【深刈り】

手摘みが済んだ野木園の茶樹は地表のすぐ上から刈り落とされます。これは茶葉を間引きして、翌年の新茶期に充実した新芽を収穫するためです。
野木園は年に一度だけしか収穫できない、世界的にも稀有な、このうえなく贅沢な茶園なのです。

【野木園】

翌年の新茶期には女性の胸ほどにまで生長した茶樹。 葉は大きく、葉肉は厚く、軸が太くて長い茶葉は抜群の萎凋香性能を秘めています。
この茶葉でなければ表現できない 繊細で複雑で魅力的な香気が存在します。

【手摘み作業】

野木園は日本全国の茶園面積の0.1%にも満たない極めて貴重な茶畑です。摘採は手摘み以外に方法はなく、摘み娘は長い枝を体に引き寄せ、掌に茶葉を溜めながら下から上へと摘むという無駄のないのやり方でも、収穫量は一人一日5kgが限度です。

【雑木林と野木園】

備前屋の茶園は南東側に雑木林が広がり、夏の強烈な日差しや冬の季節風から茶樹が護られ、秋には畝間に落ち葉の提供を受けます。
武蔵野の原風景のような この茶園は萎凋香の上質な芳香を生み出す原点です。

previous arrow
next arrow
Slider

〒350-1213
埼玉県日高市高萩133

0120-2001-55

平日(月~金)9:00~17:00

TEL 042-989-2001

FAX 042-9895795