備長炭の狭山茶火入れ

緑茶にも、それぞれの季節にふさわしいものがあります。 その最たるものが狭山萎凋香品種のルーツ「さやまみどり」。何者にも代えられない個性的な萎凋香を持ち、強い火入れを好む、個性的な狭山茶。味も香気も、この上なく濃度の高いこ […]

長崎市の茶専門店(長崎研修part3)

長崎は彼杵茶を中心とする茶の産地、消費地、そして観光地としての顔をもっていました。 今回の研修では彼杵茶の産地としてだけではなく、長崎市内の茶専門店も見学することができました。   【秋月園】 繁華街にある小売 […]

「ふくみどり」 銀座進出

「ふくみどり」の販売が銀座で始まります。 ドリップ式抽出が話題となっている「東京茶寮」の新店舗、シングルオリジン煎茶専門店「煎茶堂東京」が銀座5丁目にプレオープンし、お呼ばれしてまいりました。   【店舗外観】 […]

彼杵の製茶機械(長崎研修part2)

彼杵茶は伝統的に玉緑茶の生産地。釜炒り製だったものが、現在は蒸し製に移り変わってきました。 蒸し製玉緑茶の製茶機械は煎茶とほぼ共通ながら、初めて見学する機会。興味津々です・・・。 【再 乾 機】 煎茶との一番の違いは、最 […]

西海の銘茶「彼杵茶(そのぎちゃ)」

第71回全国茶品評会が開催された長崎県。その長崎に初の一等一席 農林水産大臣賞をもたらした彼杵茶を研修する機会を得ました。 東彼杵町の尾上和彦氏が一等一席、同町の大山良貴氏が一等二席を受賞。長崎県産蒸し製玉緑茶の実力を日 […]

高麗神社への行幸啓・狭山茶と例大祭

先月行幸啓された高麗神社。今日は恒例の「陳者例大祭」が執り行われました。 ちょうど一ヶ月前、最高の日本晴れのもと 天皇・皇后両陛下をお迎えしたばかりの高麗神社。今日は冷たい雨の降り続く中、式典が執り行われました。 高麗神 […]

古都の喫茶室part2 〜 京都

千年の都 京都。インバウンド向けだけではなく、伝統的で かつ新たな喫茶スペースが創り出されていました。 関西に残る建築物「町屋」。ここ十年くらいでしょうか、そんな町屋を再生した飲食処が登場し、繁華街から離れているにもかか […]

宇治抹茶の世界part2 〜 桑原善助商店

宇治抹茶問屋の老舗 桑原善助商店は宇治市木幡の住宅街に静かにたたずんでいました。 以前は辺り一面茶畑だったのが、今や完全な住宅地になってしまったそうです。JR・近鉄両駅からの徒歩圏内にあり、京都駅まで20分以内の利便性ゆ […]

宇治抹茶の世界〜桑原秀樹さん

世界中でブームの“Green Tea”。特にもてはやされているのが抹茶です。抹茶の本場といえば宇治。縁あって、宇治抹茶の一端を学んできました。 先週末 関西へ行く機会があり、『日本茶AWARD』主催者代表であり、宇治抹茶 […]

夏芽

夏芽の生産が終了しました。スタートの遅い平成29年度の新茶を受け、夏芽も遅始まりの遅仕舞い。今年度の狭山茶製造・仕入れが全て完了しました。 春芽の摘採から45日で夏芽が製茶できると言われています。前年より一週間遅れでスタ […]