京都 吉田山大茶会

憧れの『京都 吉田山大茶会』・・・ 念願かない、参加してまいりました !

釜炒り製微醗酵茶の製造を始めて 間もなく知ったこのイベント。今回9回目を数えます。

 

【吉田神社】 会場の神社参道にはテーマの大きな幕が掲示されています。

 

【吉田神社2】 久し振りの京都は木々の緑が鮮やかな時季を迎えていました。

 

【大茶会会場】

神社境内に40を越す出展者が集い、日本茶・中国茶・台湾茶・韓国茶 様々な茶・菓子の販売、喫茶、セミナー、邦楽演奏 etc.・・・二日間に渡って繰り広げられる 華やかで賑やかなイベントです。

 

【大茶会会場2】

昨秋「シングル オリジンティー フェスティバル」で会った青鶴茶舗 フローラン・ヴェーグさんが正面に出展され、ツーショットが実現。

 

【備前屋ブース】

展示したのは 微醗酵茶『琥白』、紅茶『茜』、白茶『白瑠』、『紫にほふ』釜炒り製「ふくみどり」・「ゆめわかば」・蒸し製「ふくみどり」、そしてハーブティー三種類。

 

【備前屋ブース2】

今イベントでの狭山茶出展は初めてとの事。残念ながら狭山茶を知らない来場者もあり、狭山茶の地位低下を感じさせられます。逆に興味を持ってお越しになる方も多く、「狭山の萎凋香が受け入れられるか」との心配は杞憂に終わり、『紫にほふ』蒸し製「ふくみどり」に高評価をいただきました。

 

【夕暮れの大津】

京都市内で宿がとれず、大津市の瀬田に宿泊。最上階の部屋からは琵琶湖が遠望できました。大きな湖の影響か朝夕涼しく快適なうえ、素晴らしい夕暮れを堪能・・・ 今度はじっくりと滋賀を巡りたいものです。

 

狭山茶専門店 備前屋 清水敬一郎