スーパー・ブルー・ブラッドムーン

今年最初の天体ショーは皆既月食、しかも「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」でした。

スーパームーンもブルームーンも興味はないけれども、皆既月食は何度観ても見応えのある天体現象です。

 

【皆既中の星野 】‎撮影:‎2018‎年‎1‎月‎31‎日 23:11  Ai Nikkor ED 180mm F2.8S

当初は曇天の予報でした。ところが皆既前に雲が切れ始め、時折 流れる雲に邪魔されるものの、すばらしい観測日和となりました。月が皆既を迎えたのは獅子座と蟹座の境界付近で、さほど明るい星がないのは少々残念。それでも写真には星も捉えられていました。

 

【皆既中の星野 2】‎撮影:‎2018‎年‎1‎月‎31‎日 22:51   Reflex Nikkor 500mm F8

これくらいの大きさに写ると、模様が良くわかるというもの。月の右半分は ほほえんだ女性の横顔にみえるといわれています。赤銅色に染まった横顔には、妖しい雰囲気が漂っているかのよう。ただし、今回は月が暗く、肉眼ではほとんど月面が確認できない月食でした。

 

【望遠鏡による皆既月食】‎撮影:‎2018‎年‎1‎月‎31‎日 22:15   5cm屈折望遠鏡(fl.≒2000mm)

望遠鏡による撮影のため、月の南北(上下)が反転しています。

今回の月食は この上なくにぎやかなキャッチコピーにもかかわらず、いままでになく月が観づらく感じられました。先週噴火した白根山の噴出物の影響があるのでしょうか?

 

狭山茶専門店 備前屋 清水敬一郎